HOME > 東邦電気工業を知る > 社長メッセージ

社長メッセージ

「鉄道電気設備」
「情報通信設備」
「一般電気設備」
この3分野で
社会インフラを
支えています。
東邦電気工業株式会社 代表取締役社長 伊東 周二

当社は、創業以来70年以上、電気設備工事の専門家集団として歩んできた総合電気設備工事会社です。現在は、「鉄道電気設備工事」「情報通信設備工事」「一般電気設備工事」の3分野をコアビジネスに、日本全国で公共性の高い分野の工事を数多く手掛けています。

第1のコアは新幹線建設、駅のホームドアや列車無線のデジタル化といった最先端の鉄道電気設備の設計・施工、第2のコアは5Gの世の中を支える携帯電話基地局建設や光ファイバー敷設、高速道路のETC・監視カメラ設置による道路のインテリジェント化等を通じたIoT社会構築、第3のコアは病院や産業・スポーツセンターなどの公共施設からオフィスビルまでの電気設備の設計・施工などで、最近はメガソーラー(大規模太陽光発電設備)をはじめ、バイオマス・風力といった再生可能エネルギープラント建設など、新しい分野にも果敢にチャレンジしています。
海外においても、台湾の新幹線やエジプトの地下鉄、ミャンマーの鉄道リニューアル事業などのプロジェクトで設計・施工や現場指導者の派遣を行ってきました。
再生可能エネルギー関連事業では、フランス大手建設会社・ブイグ・グループとパートナーシップを結び、国内で数々の建設に取り組んできました。
現在も兵庫県内にて出力102.144MW(メガワット)約2万世帯分もの年間使用電力量をまかなうことが可能なメガソーラーの建設に携わっています。

当社の強みは、幅広い電気設備工事の設計・施工に関する高度な技術力と、営業・施工のさまざまな場面でお客さまのご要望を汲み取り柔軟に対応するサポート力ですが、ともに創業70年を超える歴史の中で培った経験がなせる業だと強く感じています。当社ではオール東邦という言葉がよく飛び交いますが、3分野が連携し人財を相互に融通することで、その時々のニーズの変化に柔軟に対応しています。実際、事業部が協業する社内JV(ジョイントベンチャー)や事業部間での人の異動が多く、社員は一つの分野に留まらない幅広い知識と経験を積むことができます。
それだけに私たちが求める人財は、単に会社に育ててもらうだけではなく、自らが育ちたいという強い意志を持ち、高い目標を掲げ、それを達成するために考え、実行に移し、実行する中で軌道修正できる人です。有望な若手を子会社の役員として派遣し、企業経営を学ばせる試みにも取り組んでいます。また女性の採用と登用を積極的に進め、性差なく能力を発揮できる制度やオフィス環境の整備も進めています。
現在、そして未来に生きる人たちの生活を支えるなくてはならない重要な社会インフラを「この手で支えている」、そんなやりがいを感じたいと願う多くの方々との出会いを心待ちにしています。